Event is FINISHED

HACK OUR CITY - Shibuya -

Description

近年、ものづくりやサービス開発における価値創出のプロセスは、企業主体からユーザー主体のものへと移り変わってきています。消費者の立場にいたユーザーは、設計者としての役割を担うことも増えてきました。

たとえば、ユーザーと共にアイデアを出し合ったり、ユーザーが既に取り組む活動の支援を通じて、新たな事業へと繋げていくプロセスを多くの企業が実践し始めています。


こうした動きは、時間がかかると思われがちな「都市づくり」にも適用され始めています。

2020年開催のオリンピックにむけ、都市再開発が加速する東京。大規模プロジェクトゆえにマスタープラン主導になりがちな一方、これからの都市づくりは、ボトムアップ型で小さく手早くフィードバックを反映させながらカタチにしていく方法をいかに活用できるかが、重要になってくるのではないでしょうか。


本イベントでは、ボトムアップで都市の新たな魅力を引き出してきた実践者をゲストに招聘。多くの実験が大型都市計画とボトムアップ双方で起こってきている「渋谷」を事例に、これからの都市のあるべき姿と、新たな価値創造の方法に切り込んでいきます。普段より都市開発に関わる方はもちろん、企業の新規事業の立上げや、未知の価値の探索に関わる人にもぜひ参加いただきたい内容です。


日程:2016年12月2日(金)13:00-18:00(受付開始:12:30)

場所:loftwork 3F(東京都渋谷区道玄坂1-22-7 道玄坂ピア3F) 

対象

・企業の新規事業担当者

・新しい価値創造を目指す都市開発、デベロッパーの担当者

・官公庁、自治体、都市づくりに関わる方 

定員:70名       

主催:株式会社ロフトワーク

協力:Shibuya Hack Project、渋谷道玄坂青年会、シブヤ経済新聞、公共R不動産、東京急行電鉄株式会社

                         

13:00-13:30|Prologue「いますぐ、小さく始める。大きな挑戦」

株式会社ロフトワーク 代表取締役 林千晶


第一部「Creativeに溢れる「場」は、どうやって生まれるのか」

13:30-13:50|Guest Talk

株式会社オープン・エー代表/建築家 馬場正尊


13:50-14:30|Panel Discussion

株式会社ロフトワーク 代表取締役 林千晶

株式会社オープン・エー代表/建築家 馬場正尊


14:30-14:40|Break


第二部「Case Study:実験都市シブヤ」

14:40-15:00|Introduction

coming soon


15:00-15:30|「渋谷のラジオ - 地域密着×世界最先端の放送局」

モデレーター:シブヤ経済新聞 編集長/株式会社花形商品研究所 代表取締役社長 西樹 

渋谷のラジオ チーフプロデューサー 嵯峨 生馬


15:30-16:00|「Shibuya Hack Project - 既成概念・空間のスキマHackで新たな価値を再発見する」

株式会社ロフトワーク ディレクター 石川由佳子

東京急行電鉄株式会社 山口堪太郎

渋谷道玄坂青年会 会長 長谷川賀寿夫

ビジュアルデザイナー 河ノ剛史


16:00-16:10|Break

16:10-17:40|Workshop - 都市をプロトタイプする「シブヤ妄想地図をつくる」

地理人 今和泉隆行

ビジュアルデザイナー 河ノ剛史


17:40-18:00|Epilogue「Deploy or Die」

株式会社ロフトワーク 代表取締役社長 諏訪光洋


登壇者プロフィール(一部)

株式会社オープン・エー代表

馬場 正尊

東北芸術工科大学教授/建築家 1968年佐賀生まれ。1994年早稲田大学大学院建築学科修了。博報堂、 早稲田大学博士課程、雑誌『A』編集長を経て、2002年Open A Ltd. を設立。 都市の空地を発見するサイト「東京R不動産」を運営。東京のイーストサイド、日本橋や神田の空きビルを時限的にギャラリーにするイベント、CET(Central East Tokyo)のディレクターなども務め、建築設計を基軸にしながら、メディアや不動産などを横断しながら活動している。2015年「公共R不動産」を開始。近作に「佐賀市柳町歴史地区再生プロジェクト」「道頓堀角座」「雨読庵」など。近著に『エリアリノベーション 変化の構造とローカライズ』(学芸出版)『PUBLIC DESIGN 新しい公共空間のつくりかた』(学芸出版)『RePUBLIC 公共空間のリノベーション』(学芸出版)。



ロフトワーク株式会社 代表取締役

林千晶

1971年生、アラブ首長国育ち。早稲田大学商学部、ボストン大学大学院ジャーナリズム学科卒。花王を経て、2000年にロフトワークを起業。Webデザイン、ビジネスデザイン、コミュニティデザイン、空間デザインなど、手がけるプロジェクトは年間530件を超える。 2万人のクリエイターが登録するオンラインコミュニティ「ロフトワークドットコム」、グローバルに展開するデジタルものづくりカフェ「FabCafe」、クリエイティブな学びを加速するプラットフォーム「OpenCU」を運営。 MITメディアラボ 所長補佐(2012年〜)、グッドデザイン審査委員(2013年〜)、経済産業省 産業構造審議会製造産業分科会委員(2014年〜)も務める。森林再生とものづくりを通じて地域産業創出を目指す官民共同事業体「株式会社飛騨の森でクマは踊る(通称ヒダクマ)」を岐阜県飛騨市に設立、代表取締役社長に就任(2015年4月〜)。


ロフトワーク代表取締役社長 諏訪 光洋

2000年、クリエイティブの新しい形の流通を目指し、株式会社ロフトワークを設立。20,000人が登録するクリエイターネットワークを核に、新しいクリエイティブサービスを提供。Webデザイン、ビジネスデザイン、コミュニティデザイン、空間デザインなど、手がけるプロジェクトは年間400件を超える。2010年、学びのコミュニティ「OpenCU」を立ち上げ、2012年にはデジタルものづくりカフェ「FabCafe」を福田敏也氏、林千晶と共同プロデュース。執筆参加した書籍に『クリエイティブ・コミュニティ・デザイン』(2012年、フィルムアート社)がある。


シブヤ経済新聞 編集長/株式会社花形商品研究所 代表取締役社長

西 樹

兵庫県尼崎市生まれ。青山学院大学経済学部卒。PR会社を経て株式会社花形商品研究所を設立。各種企業や新商品・サービスのコミュニケーション戦略の企画・運営を多数手掛ける。2000年4月、広域渋谷圏のビジネス&カルチャーニュースを配信する情報サイト「シブヤ経済新聞」を開設、ヤフーニュースなどにも記事を配信。その後、各地域の運営パートナーと「みんなの経済新聞ネットワーク」を形成。現在は国内外合わせて123エリアで地域ニュースを配信している。JFN18局ネットで放送中の番組「日本カワイイ計画。withみんなの経済新聞」にもコメンテーター役で出演中。


地理人 今和泉 隆行

1985年鹿児島市生まれ。その後の多くを東京都日野市で過ごす。通称「地理人」。7歳ごろから、実在しない都市の地図(空想地図)を描く。著書に「みんなの空想地図」(白水社、2013年)。NHKドラマや番組の小道具として架空の地図を制作する他、記事執筆(日経ビジネスオンライン ライター)、情報デザイン、その他ワークショップ企画を行う。(株)ゼンリン アドバイザー。都市や地図に関する話を日常に届ける新たな形を模索中。


東京急行電鉄株式会社 都市創造本部 開発事業部 事業計画部/渋谷駅前エリアマネジメント協議会

山口 堪太郎

1999年東京急行電鉄㈱入社。2005年から不動産部門にて、事業計画・マーケティング等に従事。2013年、渋谷ヒカリエ、渋谷マークシティのアセットマネジメントを担当し、2015年から現職。渋谷民・クリエイティブコンテンツ産業の力で、渋谷が輝き、それが東京が、日本が、に繋がることを願って、まちのブランディング、エリアマネジメントなどを担当しながら、様々なステークホルダー間、プロジェクト間の横串になるべく、日々渋谷のまちのあちこちに出没中。


渋谷道玄坂青年会 会長 / 長谷川印刷株式会社

長谷川賀寿夫

1972年(昭和47)渋谷・神泉生まれ。立教大学卒業後、大手住宅メーカーの営業として約8年間勤務。30歳を機に退職し、父、兄をサポートするため家業の渋谷で80年続く「長谷川印刷」入社。営業を担当するほか、「プリントショップサン」のマネージャーとして手腕をふるう。2014年12月、道玄坂に活版印刷機が使える工房「Printworks Studio Shibuya」をオープンし、店長として店の運営に携わる。いっぽうで、40年以上続く道玄坂青年会の現会長として渋谷の街の魅力を維持し、盛上げる活動をする。渋谷109前で年末カウントダウンが実現できることを目指す。


ビジュアルデザイナー

河ノ 剛史

1984生まれ。千葉大学卒業後、FABRICA、コミュニケーションデザイン研究所、NOSIGNERを経て、独立。横浜を拠点に活動中。グラフィックデザイン、CG、写真、映像など、ビジュアルコミュニケーションに関するデザイン、アートディレクション全般を行う。最近の仕事は、ファッションブランド MITSUSHI YANAIHARA「FLOATING LIFE展 “浮世に着る服”」のアートディレクション、野田秀樹・作の舞台「3代目、りちゃあど」の宣伝美術、GLOBUS(スイス)のワインパッケージ、VOLOCITEEが運営する 3331α “art_hack_day(); 2016"、Alife(人工生命)Lab.、SONY "LIFE SPACE UX Lab.” へのキービジュアル提供など。"SHIBUYA HACK PROJECT” では、アートディレクションを担当。


株式会社ロフトワーク クリエイティブディレクター

石川 由佳子

上智大学在学中にアートイベントの企画運営や直島でのサマーキャンププロジェクト・TOKYO DESIGN WEEKの運営などに携わる。卒業後、株式会社ベネッセコーポレーションに入社し、マーケティング部門で編集ディレクションやプロモーション企画に携わる。2015年に学生時代インターンをしていたロフトワークに入社。「場」のデザインに関心があり、個人としてTEDxKids@Chiyoda 2015のコミュニティマネージャーを務める。現在は、”大地の芸術祭”の開催地である越後妻有の魅力を発信するtaski projectを立ち上げ活動中。プロジェクトに応じてまわりを口説き落とし、人を巻き込んで素敵なチームを作ることを得意とする。基本的に人間に興味があり、時間があれば人に会いに行く行動派。


ご注意:

・申込者多数の場合は、抽選となりますので予めご容赦ください。

・広告代理店などの受託業務に携わる方のお申し込みはお断りすることがございますので、

予めご了承ください。

・参加者の皆さんのお写真や発表いただく内容は、後日弊社サイトに掲載いたします。

・プログラムは、予告なく変更される場合があります

Event Timeline
Fri Dec 2, 2016
1:00 PM - 6:00 PM JST
Add to Calendar
Venue
Tickets
チケット ¥5,000
チケット(学生無料)

On sale until Dec 1, 2016, 10:00:00 AM

Venue Address
東京都渋谷区道玄坂 1-22-7 道玄坂ピア 3F Japan
Directions
井の頭線渋谷駅 アベニュー口より徒歩 5分 JR渋谷駅 玉川口より徒歩10分
Organizer
loftwork
1,935 Followers